歩くことも出来なかった僕がしたこと

医療制度は頼りにならない

医療の世界で25年もいるのに、いつも不思議に思うことがあります。

「医療には限界がある」ことを誰も知らないという事です。

僕は学生に「医療は必要なものです。しかし、本来身体を治すのは自分の力です」と言っています。

医療を過大評価することの弊害は計り知れないのです。

僕は自分の身体でそれを実証しました。

僕は30年前に椎間板ヘルニアと診断されました。

その時、きっかけはギックリ腰でした。

会社のグループでテニスに行った時の事でした。

テニスを終え帰ろうとしたその時「いてて」とギックリ腰になりました。

その後も腰痛がひどく、歩行も困難になってしまったのです。

そして、1ヶ月の入院生活。その時どんな治療をしてたと思います?

ただ、寝てるだけ。

そして、痛み止めの薬を飲む。

これだけです。

仕事の激務から解放されたので、それはそれで良い休息にはなりましたが(笑)

一月はね、長かったです。

入院していた夏の最中、隣の20そこそこの若者と知り合いになり病院の屋上で、日光浴をしてたのを憶えています。あまりに暇だったんでしょうね。そして少しは健康的に見せたかったのだと思います。

ある程度、軽快したので退院となりましたが、翌年また再発。

そして、結局手術となり約1ヶ月の入院生活を余儀なくされました。

僕はこの時、二度の入院により時間的な損失、経済的な損失、そして社会的な信用が失われていくのを感じていました。

そして出世競争から明らかに外された僕は

「病気が悪い。病気にさえならなければ、もっと出世できたのに」

「病気そのもの」が僕の人生に大きなダメージを与えて来たと感じていました。 しかし、時は過ぎその後の医学研究で何がわかったか?というと

驚くべき事実

医学研究では、手術してもしなくても、その後の健康結果に差はないという結論に至ったのです。

「おいおい、ちょっと待ってくれよ!」

この事実を知った時に、呆然としました。手術してもしなくても、結果は同じ??

だったら、手術しない方がいいに決まっていますよね。

時間とお金の無駄です。その事実を知った時に本当に後悔しました。

今でもその思いは変わりません。

僕は「病気そのもの」が僕にダメージを与えてきたと思っていましたが、突き詰めて考えると、正確には、「医療制度」そのものが僕にダメージを与えて来たと言う結論に至りました。

僕が言いたいのは「医療を信じるな!」という短絡的な結論ではないのです。

僕は、この経験から「医療」を盲信するのではなく、「医療の限界」も知るべきだと言いたいのです。

それでは、どうすればいいと思いますか?

僕がもし手術の結果についての「医療の情報」を知っていたら、僕の人生そのものが変わっていたと言うことなのです。

無駄な入院、無駄な時間、辛い手術、そして出世競争からの脱落、精神的なダメージ、などなど。

こんな経験をしないで済んだはずなのです。

つまり、

「情報」こそが大事 

だと言うことを身をもって学習したのです。

なので、あなたに正しい情報、価値ある情報を伝えていきたいと思うのです。

僕は「透析の世界」に25年います。

これまで300を超える透析施設を支援して来ました。

海外の透析施設を周りました。

透析医学会で教育講演もしました、学会の医師達から多くの事を学びました。

その中で、透析医療の限界についての知識を築きました。

そして、それだけではなく、これまで語られてこなかった情報があることに気がつきました。

この情報を知っているか?知っていないか?の差はとても大きいので、

その情報をお知らせしたいと思います。

どれくらい大きいかというと、僕が受けたダメージなど比較にならないくらいのインパクトがあります。

人生が大きくシフトしていきます。

この情報により、行動を変えた透析患者さんは、

  • 合併症の心配から解放されます
  • 体調が劇的に改善します
  • 朝起きた時の爽快感
  • とにかくやる気が出る
  • 食事制限から解放されます
  • 山のような投薬が減ります
  • よく眠れるようになります
  • 肌の色が変わります
  • 若返ります

にわかに信じられないかもしれません。

でも事実なのです。

この「医療の情報」を来週末のオンラインセミナーでお話しします。

この実体験を交えた貴重な情報をあなたにお伝えしますので、ご参加ください。

コメントを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。