忙しさから解放される方法とは?

あなたを解放する方法について教えましょう

あなたがどんな立場であれ、リーダーである以上、

非常に忙しい業務を強いられているでしょう。

そもそも何故、リーダーは忙しいのでしょうか?

それとも忙しいと感じているだけなのでしょうか。

忙しさの多くは、否応なしに不確実なことに対応しなければならないからです。

不確実なことへの対応は、非常にストレスがかかります。

ですから、かかった時間以上に疲れます。忙しさも人一倍です。

確実な対応ができる日常的な業務は、想定の範囲ですから、

すでに過去に起こったことや、常に経験していることです。

だから、楽々こなすことができます。

日々刻々と変化する状況に対応しなければ、組織が回らなくなってしまいます。

ですから、想定外の事に対して、誰かが対応しなければなりません。

その不確実な出来事に対応するのは、リーダーです。

iStock_000002298811Medium

こう考えると、リーダーは大変です。

だからリーダーは疲れます。

責任もあります。

しかし、それと引き換えに「やりがい」や部下に比べて比較的高い給料をもらえているのです。

(ここのところ忘れがちなので、一度考えてみてください)

忙しさが加速度的に増え続ける理由

例えば職員の突然の病欠、

職員同士の諍い、

患者さんからのクレーム、

エアコンの温度をめぐってのトラブル、

指示受けのミス、

アクシデントの増加、

設備のトラブル、

職員の退職、

組織全体に漂うマンネリ化、等等。

非定型の仕事が頻発し押し寄せてきます。そうすると「イラっと」きますよね。

しかし、それは自分で吸収するしかない。

誰かにあたりちらしたいのは山々。

そうしている間に、仕事は山積みに。

ああ、時間ばかりかかって今日も処理できない仕事、そして仕事。

それが、毎週、毎月たまると何が起こるでしょうか?

以前、話しましたが条件反射的な仕事だけをこなすために、

じっくりと考えて作り上げる仕事が後回しになり、

その結果大事な事、重要なことが置き去りにされます。

大事な事は置き去り、些細なことが処理される

そして1月、半年、1年が過ぎ去る。

何も改善されない、問題はいつも解決されていない状態が続いていきます。

いま、ブログを書いていますが、そういう私自身もこれを書いていて

(いや、ちょっとマズいな!と自分自身反省しています)

自分の行動を再考するという意味でもブログはいいですね。おすすめです。

さて、話をもとに戻しますと、こんな状態を抜け出す方法について、考えたことがありますか?

その方法についてお話ししたいと思います。

諦める勇気が重要なわけ

それは、何が本質的に重要なのかということについて、つきつめて考える癖をつける

という事です。

その時点で何が本当に重要なのか、時間をとって考える。それを毎日毎日続けるという行動をとるという事です。

やらなければいけない事が10あったとします。

通常は10の事を処理するためにスケジュールを立てたり、

順番を入れ替えたりして対応しようとします。

これが一般的な対応でしょう。

しかし、ここで10の事を全くやらなかったら何が起こるのかを考えます。

何も問題がおこらないと考えられるのでしたら、やらないのです。

もし、10のうちつきつめて考えた結果、3つは本質的に重要だと思うのであれば

3だけをやるのです。

不器用な人が成功する理由とは?

残る7は?こんな疑問が生まれると思います。

その答えは、やらないのです。

しかし、時間軸で考えると、不要な仕事を10こなすよりも、本質的な仕事を3すれば、

そしてそれを続ければ本質的な仕事をし続けることになります。

別の言い方をすれば、やらない事を決めるのです。

全部やりたい気持ちを抑え、諦めるのです。

ここは、これまでのあなたの心情との葛藤になります。

一度これを続けてみてください。

Young People Jumping with Excitement on a Beach

 

毎日、本当に重要なことだけをやり続けると、重要な仕事が進み続けます。

その一方、やらないことによる反作用、

反発や小さな批判の数々を受けることになります。

しかし、よく考えるとそれは些細な事なのです。

だから無視し続ける事です。

これを意思決定と言います。これを決断と言います。

やらない事を決めて、やることに集中する。だから成果が上がるのです。

人間はそれほど器用な動物ではありません。

自分が器用だと思っている人は仕事を複数同時に行おうとします。

不器用だと思っている人は一つづつ仕事を片付けていきます。

どちらが早いと思いますか?

多くは、直列で仕事を一つ一つ片付けて行く方が早いということが証明されています。

本質論で考え、重要なことだけを行う。これだけで、多くの事は解決するはずです。

今年やり残したことがあると悩むのではなく、やらないことを選択しましょう。

きっと来年は良いスタートを切ることができるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>